借金返済に悩む人に、弁護士・司法書士を紹介!
掲載事務所数
0926

任意整理 2020/01/24

任意整理後の完済に向けて!返済代行の特徴とメリット・デメリット

任意整理で借金の状態を整理したら、業者との間で取り決めをしたとおりに、きちんと返済をしていくことが大切です。

「きちんと返済できるか不安」「手続きが複雑になるのでは?」と不安を抱えている方には、弁護士・司法書士による返済代行がおすすめ。

任意整理後のお金の返済や生活についてと、返済代行の特徴・メリットをお伝えします。

任意整理後の借金返済は「銀行振り込み」が基本!

任意整理で重要なのは、和解後に確実に借金を完済することです。平穏な生活を取り戻すためにも、事前の返済計画のもと、一定金額ずつ返済していきましょう。

任意整理後の返済期間:3年(36回)~5年(60回)

任意整理後の返済期間は決して短くありませんが、借金返済が滞れば業者側から裁判を起こされ、自身の財産が差し押さえられてしまう可能性もあります。

自身の生活を守るためにも、毎月きちんと返済をしていくことが重要ですが、残念ながら任意整理後は返済方法が限定されます。

手元のカードを使って
ATMから返済
×
自身の銀行口座から
毎月一定額の引き落とし
×
振込用紙を送付してもらい、
コンビニなどでその都度支払い
×
指定された口座への銀行振込

認められているのは、基本的に銀行振込のみ。いくつかの業者を相手に任意整理を行った場合、もちろんそれぞれに向けて、決められた金額を振り込んでください。

不安が大きいときに便利な返済代行サービス

任意整理後の借金については、以下のような不安が発生しがちです。

  • 毎月銀行振り込みの手続きを取るのは、面倒
  • 金額と業者名がごちゃごちゃになってしまいそう
  • 返済を忘れてしまったらどうしよう…
  • そもそも、銀行に行く時間が取れない

こんなときに便利に活用できるのが、弁護士や司法書士による返済代行です。

お金を借りた業者ごとではなく、事務所に対してお金を入金することで、あとは全てお任せできるというシステムになっています。

返済代行を利用するメリット・デメリット

弁護士による返済代行を利用すると、返済する方にとってさまざまなメリット・デメリットが発生します。

【返済代行のメリット】

  • 振込先を一元化できる
  • 金額や振込先のミスが発生しない
  • 弁護士・司法書士との契約が続くため、
    遅延の連絡や催促の窓口も事務所が担当する(本人に直接来ない)
  • 郵便物の宛先も、弁護士事務所になる
  • 返済代行を利用することで、和解条件が有利になる可能性がある
  • 周囲の人に、任意整理の事実を知られにくい

一方で、返済代行のデメリットは、ずばりコストです。

【返済代行手数料相場:1件当たり1,000円前後/月(振込手数料含む)】
※具体的な手数料については、事務所に要確認

例:4社相手に任意整理…返済額50,000円/月
返済代行を利用した場合…返済額合計54,000円/月
自分で手続きをした場合…返済額50,000円+振込手数料/月

ネットバンキングを利用すれば、振込手数料を安く抑えることは可能ですし、月々数千円程度でも、数年間にわたって支払っていけばかなりの出費になるでしょう。

返済だけでも大変な時期に出費を増やすのは、非常に大きなデメリットと言えます。担当の弁護士・司法書士とよく話し合い、方針を決定しましょう。

弁護士による返済代行は、どこでもできるわけではない!

メリット・デメリットを理解した上で、「それでもやっぱり返済代行を利用したい!」と思う場合には、「どの事務所でも選択できるわけではない」ということに注意しましょう。

弁護士・司法書士事務所の中には、

  • 任意整理後の返済は、返済代行のみ(大手事務所に多い)
  • 自分で振込をするスタイルのみ(個人事務所に多い)
  • 状況に合わせて選択可能

という3つのケースが存在しています。

依頼先のシステムは、事前にしっかりと確認してください。

返済と共に、忘れてはいけない「契約状況の見直し」

任意整理後の生活の中で、返済と共に忘れてはいけないのが、ローンの契約状況の見直しについてです。

任意整理後はブラックリストに登録された状態となりますが、この契約内容によっては、信用情報の傷がいつまでも残り続けることにもなりかねません。

ローン契約には、

  • 個別契約
  • 包括契約

という2種類があり、個別契約の場合、1回ごとに契約が完了するスタイルとなっています。

一方で包括契約の場合、限度額まで自由に何度でも借入・返済ができる内容となっており、解約しない限りその契約はずっと生き続けることになります。

「自由にお金を借りたい」という場合には非常にメリットの大きい包括契約ですが、契約が生きたままでは信用情報が消えることもありません。きちんと解約するよう、注意してください。

任意整理後の返済失敗は意外と多い!返済後の行動が鍵

借金を整理する前は、「専門家のもとで任意整理さえすれば、もう大丈夫だろう」と考える方も少なくありません。

しかし実際には、任意整理後の返済で失敗し、自己破産に追い込まれてしまうケースも多くあります。

だからこそ重要なのは、任意整理後の返済についても、事前にしっかりと検討し準備を整えておくということです。

弁護士や司法書士による返済代行も、任意整理後の生活をうまく回していくための工夫の一つ。

メリット・デメリットを踏まえた上で、ぜひ上手に活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

任意整理 2020/01/28
任意整理の依頼先選び…弁護士と司法書士の特徴をチェックしよう!
任意整理 2020/01/27
任意整理の不安を解決!手続きの流れや期間、必要書類について知ろう
任意整理 2020/01/23
任意整理なら家族・職場にバレない!内緒で手続きするコツも
任意整理 2020/01/21
任意整理の費用不安の解消へ!弁護士費用・司法書士費用の内訳・相場
任意整理 2019/12/26
任意整理ができない!考えられる原因6つと問題解決のための対処法
任意整理 2019/12/26
任意整理の費用不安の解消へ!弁護士費用・司法書士費用の内訳・相場
エリアから弁護士・司法書士事務所を探す
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北陸・甲信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄